診療アプローチ Approach

Approach

夜間咬合学を考える

夜間咬合学を考える

内頸静脈のコリを取り、
脳の血液・脳脊髄液の循環改善

人間は就寝中の歯の咬み合わせで、顎を横にスライドし、歯ぎしり、食いしばりをしますが、その際に、咬み合わせの不具合で、正常な歯ぎしりや食いしばりを妨害するため、首が工法に反り返り、首のコリ、いわゆる頸部筋肉のコリが発生します。これが、ない経静脈の圧迫を誘発し、脳内血管の圧力が上昇することで、頭痛、めまい、また脳動脈瘤などの疾患を招きます。

病気は夜間で作られる

  • めまい
  • 頭痛
  • 不眠
  • メニエル病
  • 無呼吸症候群
  • 耳鳴り
  • てんかん
  • 認知症
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 脳動脈瘤
内頸静脈のコリは、就寝中の頭の反り返り 「首わしづかみ法」
内頸静脈のコリは、就寝中の頭の反り返り 「首わしづかみ法」

就寝中に正常な咬み合わせでない食いしばりが起こると、頭が反り返る。顎を横スライドさせて歯ぎしり、食いしばりが咬み合わせの悪いまま行うため、顎関節症が発生します。首をわしづかみすることで、首のコリがわかり、就寝中の首の反り返りが発生しているのを推測し、根本治療を行っていきます。

内頸静脈のコリは、就寝中の頭の反り返り 「首わしづかみ法」
内頸静脈のコリは、就寝中の頭の反り返り 「首わしづかみ法」

内頸静脈のコリは、
就寝中の頭の反り返り
「首わしづかみ法」

頭を支えながら首をわしづかみし、首のコリを調べます。就寝中の頭の反り返りで、寝ている時のノンレム睡眠という最も深い眠りの際に歯の食いしばりが起こり、正常な食いしばりでないと、通常の3倍以上の力での食いしばりが発生します。それが原因で顎関節症になり、血液・脳脊髄液の不循環など、様々な疾患を誘発することになります。

内頸静脈のコリは、就寝中の頭の反り返り 「首わしづかみ法」

原因不明の病の
根源を調べる

顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す
顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す

ニュースキャンで、脳脊髄液の循環障害の箇所を検査し、夜間食いしばりをまぁーてるマウスピースで抑制し、脳に不足している栄養素を調べて栄養療法を行っていきます。

顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す
顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す

顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す

顎関節症による首の慢性的なコリ、反り返りが起こることで、様々な疾患が発生します。無呼吸症候群による睡眠障害、めまい、頭痛、脳心疾患の原因となります。これらは脳脊髄液の不循環また脳圧迫で脳内の老廃物が滞り、脳心疾患に繋がります。ニュースキャンで脳の疲労度を脳脊髄液の循環度を測り、首のコリを治していきます。

顎関節症と脳心疾患との関係 脳脊髄液をきれいに流す

体質改善で免疫を上げる

  • がん治療
  • 認知症
  • 糖尿病
  • アトピー
  • 不妊治療
  • つわり
脳脊髄液循環障害の合併症を治療する 保健指導による体質改善
  • 食生活習慣指導

    食生活習慣指導

  • 疲労度解析

    疲労度解析

  • 生体血液分析

    生体血液分析

  • サプリメント指導

    サプリメント指導

脳脊髄液循環障害の合併症を治療する 保健指導による体質改善

脳脊髄液循環障害の合併症を治療する 保健指導による体質改善

脳脊髄液の循環障害による合併症は様々です。がんや認知症、また糖尿病やアトピーなど多くの生活習慣病などの悩みを併発します。これらの人間の体液、血液、細胞は、脳脊髄液の循環により健康状態が変わってきます。当院では、生体血液分析、栄養療法、食生活指導など行い、根本原因による解決を行っていきます。

脳脊髄液循環障害の合併症を治療する 保健指導による体質改善